市場ニュース

戻る
2015年09月16日10時32分

【材料】林兼産が反落、ハラル食品不振で第2四半期に特別損失を計上

林兼 【日足】
多機能チャートへ
林兼 【日中足】

 林兼産業<2286>が反落。同社は15日の取引終了後、マレーシアの持ち分法適用非連結子会社で展開しているイスラム圏向けハラル食品の販売目標が大きく下回って推移していることを要因に今16年3月期の第2四半期決算で特別損失を計上することを発表、これを嫌気する動き。この持ち分法適用非連結子会社株式の純資産額が著しく下落したことから、個別決算において関係会社株式評価損1900万円および貸倒引当金繰入額1億1000万円、連結決算において貸倒引当金繰入額1億1000万円を計上する予定。

林兼産の株価は10時28分現在114円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均