市場ニュース

戻る
2015年09月14日10時27分

【経済】中国株式市場、長期的にポジティブな見方=バフェット氏


米著名投資家ウォーレン・エドワード・バフェット氏はこのほど、8月の人民元の実質切り下げが世界の株式市場に大きな衝撃を与えており、全世界の株式の時価総額は5兆7000億米ドルを蒸発したと発言。中国に対するネガティブな見方を示した一部ヘッジファンドが短期間で大きな利益を獲得したことも事実だと強調した。

ただ、バフェット氏は、中国経済や中国株式市場に対し、長いスパンではポジティブな見方を継続した。中国経済のモデル転換や改革には長い道のりが必要であり、自身が短期的な予測に向いていないことにも言及した。5-10年の長いスパンでは、中国本土市場が大幅に上昇する可能性があるとの見方を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均