市場ニュース

戻る
2015年09月14日09時01分

【市況】個別銘柄戦略:原油安で海運株などに関心が高まる公算も


様子見ムードが強まるなか、全体相場は方向感の乏しい展開になろう。週末の経済指標を受けた中国市場の動向に左右される展開へ。全般的に物色は、輸出関連株よりも内需株が優勢となろう。また、商品市況の下落を映して、資源関連株などには買いが向かいにくいだろう。一方、原油市況の下落や一部投資判断格上げの動きも観測されることで、海運株などには期待も高まるか。ほか、人材ビジネス関連には相対的な買い安心感の強さが意識される状況でもある。国内での注目イベントとしては、首都圏マンション販売、訪日外国人数、国内粗鋼生産、東京ゲームショウ開催などが挙げられる。今週はFOMCが注目イベントだが、その前には、インバウンド関連やゲーム関連などに関心が高まる余地も。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均