市場ニュース

戻る
2015年09月14日08時34分

【市況】NY金先物週間見通し:伸び悩みか、安全逃避の買い縮小も


■NY金先物
安値:1,097.70ドル
高値:1,126.00ドル
終値:1,103.30ドル
前週末比(騰落率):-1.61%

■下落、米9月利上げ観測や株高を意識した売り

NY金先物は軟調推移。米国の9月利上げを想定した投資家による売りが相場を圧迫した。また、アジア、欧米諸国の株式市場が底堅い動きを続けたことも金先物相場の上昇を抑える一因となった。株高で安全逃避的な買いは縮小し、金先物は一時1100ドルを下回る場面があった。


■伸び悩みか、安全逃避の買い縮小も

想定レンジ:1,080.00~1,130.00ドル

NY金先物は伸び悩みか。ヘッジファンド筋などの売りは一服しつつあるが、米9月利上げの可能性があるため、需要がただちに増える状況ではないとみられる。また、米9月利上げが見送りとなった場合でも株高となる可能性があるため、安全逃避の買いは縮小する可能性がある。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均