市場ニュース

戻る
2015年09月14日08時11分

【市況】ボリバン-1σと中心値(25日)とのレンジ推移/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 11日のNY市場は上昇。欧州株が全面安となった流れを受け、売りが先行。その後、、8月生産者物価指数(PPI)が前月比横ばいとなったほか、9月ミシガン大学景況感指数が予想を下振れたことで利上げ観測が後退し上昇に転じた。ダウ平均は102.69ドル高の16433.09、ナスダックは26.09ポイント高の4822.34。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円安の18090円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から売りが先行する格好になろう。これにより9月SQ値や5日線をいったんは割り込んでくる可能性があるが、一目均衡表の転換線辺りが支持線として意識される可能性にあろう。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ推移は継続するとみられ、売り一巡後は底堅い値動きに期待。その後はリバウンドも意識されやすいだろう。18050-18300円のレンジを想定する。


[予想レンジ]

上限 18300円-下限 18050円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均