市場ニュース

戻る
2015年09月11日14時08分

【材料】欧州大手証券、不動産株は低調な株価パフォーマンスになる可能性があると指摘

野村不HD 【日足】
多機能チャートへ
野村不HD 【日中足】

 欧州大手証券の不動産セクターのリポートでは、「昨今の景気悪化懸念が現実となり、オフィス賃料の伸び率鈍化が続くと不動産株は低調な株価パフォーマンスになる可能性がある」と指摘。このような局面では、「セクター全体での投資判断ではなく、経営努力で利益成長を実現し株価バリュエーションに割安感のある銘柄が選好される」との見方で、短期的な不動産株のリバウンドを予想するも、セクター判断「マーケットウエイト」を継続。
 個別では、株価バリュエーションに割安感があり、利益成長を期待できる野村不動産ホールディングス<3231>をトップピックに、東急不動産ホールディングス<3289>も推奨。東京建物<8804>とヒューリック<3003>は弱気見解を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均