市場ニュース

戻る
2015年09月11日10時45分

【経済】米7-9月期GDPは1%台前半に伸びにとどまるか


アトランタ地区連銀が公表している「GDPNow」によると、7-9月期の米国内総生産(GDP)は9月3日時点で+1.5%となっており、9月1日の+1.3%との比較でやや拡大した。8月自動車販売の数字が反映されている。

ただし、この後発表される経済指標が相当改善されない限り、2%成長は期待薄と見方が多いようだ。4-6月期の成長率を下回るのは確実であり、1%台前半の成長にとどまる可能性もあるため、9月利上げは妥当ではないとする論拠になっているようだ。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均