市場ニュース

戻る
2015年09月11日10時00分

【材料】アコム、アイフルなどノンバンクが高い、金融緩和期待で出遅れ物色の矛先

アコム 【日足】
多機能チャートへ
アコム 【日中足】

 アコム<8572>が前日比6%の大幅高で540円台まで上値を伸ばしたほか、アイフル<8515>も約4%高となる427円まで買われるなど、ノンバンクの戻り足が目立つ。ここ大手銀行株や地銀株が動意含みの展開にあったが、ノンバンクにも出遅れ感から物色の矛先が向いている。中国経済の先行き不透明感もあって、米国では9月利上げを見送る可能性が出ている一方、国内でも政府の要人発言などで10月末の日銀の金融政策決定会合で追加金融緩和に対する期待が浮上している。世界的な流動性が担保されるとの見方が金融株全般にプラスに働いているほか、経営実態面でもノンバンクは長期金利低下に伴う調達コストの減少がポジティブ材料として働く。

アコムの株価は9時56分現在538円(△27円)
アイフルの株価は9時56分現在421円(△10円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均