市場ニュース

戻る
2015年09月11日07時32分

【材料】SEMITEC---OA機器及び医療・産業機器を中心に、第1四半期は増収。将来の成長にむけて医療分野に注力

SEMTEC 【日足】
多機能チャートへ
SEMTEC 【日中足】


SEMITEC<6626>は、各種センサ、サージアブソーバ、電流デバイスなど電子部品の製造販売をてがける。温度センサを筆頭に、エアコン・冷蔵庫などの家電製品、プリンタ・複写機などのOA機器、自動車、医療機器など幅広い用途に使用されている。生産拠点は国内(千葉工場)及び海外(アジア地域)に、販売拠点は国内外(アジア地域及びアメリカ)に展開。
2016年3月期は売上高で前期比7.5%増の140.41億円、経常利益で同36.3%減の6.55億円が見込まれている。為替レートは、米ドル=120円、人民元=19.25円、香港ドル=15.5円が前提。国内の自動車関連では顧客の生産調整により売上高は減少したが、中国およびその他アジアや北米での売上は円安により増加。研究開発費が増加しているが、将来の成長にむけて医療分野に注力する方針。

なお、PBRは0.52倍と1倍を下回る。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均