市場ニュース

戻る
2015年09月10日17時11分

【市況】マザーズ指数は続伸、売り先行もミクシィなどが切り返す/マザーズ市況


本日のマザーズ市場では、日経平均が大幅反落となるなか、前日の急伸を受けた目先の利益確定の売りが先行した。ただ、日経平均同様にマザーズ指数も5日線水準で下げ止まる格好になると、ミクシィ<2121>や小型材料株・テーマ株などに個人投資家の物色が向かい、マザーズ指数はプラスへと切り返した。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で834.77億円。騰落数は、値上がり90銘柄、値下がり117銘柄、変わらず6銘柄となった。個別では、ミクシィやトランスG<2342>、モルフォ<3653>、OTS<4564>、PD<4587>などが堅調。テラスカイ<3915>、アスカネット<2438>、ベステラ<1433>はストップ高。また、地盤ネットHD<6072>が20%超、エイジア<2352>、イーレックス<9517>、ナノキャリア<4571>、ジグソー<3914>、アクアライン<6173>が10%を超える上昇となった。一方、STUDIOU<3415>、PCIHD<3918>、ACCESS<4813>、SoseiG<4565>、メタップス<6172>などが軟調。また、サンワカンパニ<3187>、PATH<3840>、ライドオンEX<6082>がマザーズ下落率上位だった。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均