市場ニュース

戻る
2015年09月10日10時16分

【為替】東京為替:ドルは120円台前半でもみあい、株安を意識した円買いはやや一服


ドル・円は120円台前半で推移。東京株安を嫌気して120円54銭から120円07銭まで下げたが、現在は120円26銭近辺で取引されている。中国株の動向を注視する展開となりつつあり、リスク回避的な円買いは一服している。

米10年国債利回りは、2.18%近辺で推移。

ユーロ・ドルは強含み、1.1205ドルから1.1245ドルで推移。

ユーロ・円はもみあい、134円82銭から135円11銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価は650円安で推移
・上海総合指数の動向に注目

・NY原油先物(時間外取引):高値44.25ドル 安値44.04ドル 直近値44.16ドル

【要人発言】
・関係筋
「米司法省とNY金融サービス局が米国債入札における不正操作疑惑で調査中(米WSJ紙

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均