市場ニュース

戻る
2015年09月09日10時21分

【経済】アリババの時価総額:ライバルのテンセントを下回る、中国依存が裏目に


ニューヨーク証券取引所に上場している中国IT大手アリババ・グループの時価総額はきのう8日、1530億米ドルまで縮小し、初めてライバルのテンセント(700/HK)を下回る。

アリババの売上高のうち、83%が中国市場から得ている。中国の景気減速に伴う消費の縮小が同社の売り上げに響いていると分析された。

アリババとは対照的に、テンセントの株価は今年に入ってから15%上昇し、8日の終値ベースで計算した時価総額は1569米ドルとアリババを上回った。テンセントの株価が堅調に推移していることについて、同社の動画配信プラットフォームにハリウッドの映画などを積極的に取り入れるほか、クラウド事業への投資、電子商取引会社である京東商城との提携などがアリババへの圧力を高めていると指摘されている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均