市場ニュース

戻る
2015年09月09日08時21分

【特集】【中国の視点】株式市場への政府介入、時機見て中止すべき=IMF


国際通貨基金(IMF)が発表した中国の経済研究に関するリポートで、最近の株価急落について、中国の実体経済への影響が小さいとの見方を示し、中国政府が株式市場への介入をタイミングを見計らって中止すべきだと指摘。中国政府が金融システムの改革と同時に、金融市場のリスク管理も強化する必要があると強調した。

IMFは、金融資産が中国の世帯資産に占める割合は5%にとどまり、金融資産の中で株式の割合は15.5%となっている。そのため、株式市場の乱高下が実体経済に与える影響が限定的だと強調。中国政府は高いレバレッジに伴うリスクの増加などの管理に注力し、株式市場への干渉を最小限にとどまるべきだと提言した。

一方、IMFは、株式市場の健全発展が社会の融資構造の改革に有利だと指摘し、中国の社会融資総量が急速に伸びているため、株式市場の発展が融資ルートの選択肢を増加させるほか、金融システムの安定成長にも寄与すると強調した。
《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均