市場ニュース

戻る
2015年09月08日13時45分

【材料】ノリタケが小動き、電極形成用低温焼成ペーストを開発

ノリタケ 【日足】
多機能チャートへ
ノリタケ 【日中足】

 ノリタケカンパニーリミテド<5331>が小動き。前日比4円高の261円で始まったものの、その後はやや売り優勢の展開。全面安の中で比較的値持ちも良く、株価は小幅安圏で推移している。
 同社は本日、電子部品などに用いられる、300度前後で焼成できる低温焼成タイプの電子ペーストを開発したと発表。会社側では、「電気抵抗が低い特長を持つ焼成型の電子ペーストは、これまで400~1000度を超える温度で焼成する必要があった」として、「今回開発したペーストは、250~350度という温度帯で焼成でき、高温で焼くことのできない基板に回路を形成することが可能」としている。
 一部で、「材料コストを大幅に削減できる可能性がある」とも報じられている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均