市場ニュース

戻る
2015年09月08日08時45分

【市況】8日の株式相場見通し=GDP改定値と中国市場動向を注視

 8日の東京株式市場は、前日のニューヨーク市場がレーバーデーで休日だったこともあり、やや様子見姿勢となる可能性がありそうだ。
 この日の注目ポイントは早朝に発表される4~6月国内総生産(GDP)改定値と中国市場動向となりそうだ。4~6月改定値は前期比年率で1.8%減との予想もある。マイナス成長に対して、景気対策に対する期待などが出てくるかが注目される。また、中国市場は前日の上海株式市場が下落しており、この日も依然軟調な値動きが続けば、東京株式市場には警戒要因となる。中国では8月貿易収支が発表される。個別銘柄では決算訂正を発表した東芝<6502>の動向などが注目される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均