市場ニュース

戻る
2015年09月07日13時33分

【市況】13時30分時点の日経平均は1円高、上値重く17800円前後まで上げ幅縮小


13時30分時点の日経平均は先週末比1.68円高の17793.84円。後場再度プラスに転じてスタートしたあとは17900円を挟んでの一進一退が続いていたが、やや上げ幅を縮め17800円前後での推移となっている。上海総合指数が0.9%高で前場を引けたことを好感したが、上値も重い展開。

東証1部の騰落状況は値上がり625銘柄、値下がり1161銘柄。値上がり上位銘柄では、クボテック<7709>、エスケイジャパン<7608>、日本化薬<4272>が10%を超える上昇。そのほか、DeNA<2432>が9.5%高、リコー<7752>が8.9%高、住友住機械<6302>が7.0%高、マーベラス<7844>が6.4%高とランクイン。

【東証一部の騰落状況】
値上がり数 625
値下がり数 1161
変わらず 110
値付率 100.0%

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均