市場ニュース

戻る
2015年09月07日11時44分

【材料】ダイヘンが急落し年初来安値、いちよし経研はフェアバリュー引き下げ

ダイヘン 【日足】
多機能チャートへ
ダイヘン 【日中足】

 ダイヘン<6622>が急落。株価は一時、前週末に比べ30円(5.5%)安の520円まで売られ年初来安値を更新している。いちよし経済研究所は4日、同社株のフェアバリューを800円から650円に引き下げた。レーティングは「B」を継続した。
 溶接メカトロ事業の受注減速を考慮し、業績予想を小幅下方修正した。16年3月期の連結営業利益は従来予想110億円から前期比18.8%増の100億円(会社予想は90億円)に見直した。溶接メカトロ事業は、「中国向けを中心に代理店在庫がやや多かった影響もあり、受注が後ずれ傾向にあるようだ」という。同事業は近年の高成長からは踊り場に向かう可能性があると予想している。一方、スマートグリッド対応機器などには中期成長力は十分ある、とみている。

ダイヘンの株価は11時30分現在524円(▼26円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均