市場ニュース

戻る
2015年09月05日15時19分

【経済】日米の注目経済指標:8月米生産者物価コア指数、予想通りなら9月利上げの支援材料に


9月7日-11日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

■8日(火)午前8時50分発表予定
○(日)4-6月期国内総生産改定値-予想は前期比年率-1.8%
基準となる速報値は前期比年率-1.6%。改定値については、財務省が発表した4-6月期法人企業統計における設備投資が予想を下回っており、速報値から下方修正される可能性がある。ただし、在庫調整の進捗は多少遅れており、設備投資の弱さをある程度相殺するとの見方があることから、成長率は速報値との比較で多少鈍化する見込み。

■8日(火)午前8時50分発表予定
○(日)7月経常収支-予想は+1兆7500億円
参考となる6月実績は、+5586億円。6月の経常黒字額は予想を下回ったが、第一次所得収支の黒字額は高水準を維持している。7月については、貿易収支の改善が多少期待できることや第一次所得収支の黒字額は6月実績を上回る水準になるとみられており、経常黒字額は6月実績を大幅に上回る見込み。

■11日(金)午後9時30分発表予定
○(米)8月生産者物価コア指数-予想は前年比+0.7%
参考となる7月実績は前年比+0.6%だった。エネルギー価格低下の影響が他分野にも及んでいる可能性があることやドル高による輸入価格の低下などを考慮すると、8月についてもコアの物価上昇率はやや抑制される可能性がある。

■11日(金)午後11時発表予定
○(米)9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値-予想は91.5
参考となる8月の確定値は91.9で速報値92.9から下方修正されており、7月実績の93.1も下回った。消費者期待指数は83.4で速報値の83.8を若干下回っている。9月分については、景気現況指数が8月確定値の105.1を下回る可能性があることから、8月実績の91.9をやや下回る見込み。

その他の主な経済指標の発表予定は、8日(火):(米)8月労働市場情勢指数、10日(木):(日)7月機械受注、(日)8月国内企業物価指数、(米)7月卸売在庫。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均