市場ニュース

戻る
2015年09月04日17時21分

【材料】九州電力、川内原発の発電再開と運転状況を受けて業績見通しを発表

九州電 【日足】
多機能チャートへ
九州電 【日中足】

 九州電力<9508>は4日引け後、2016年3月期通期の連結売上高見通しの下方修正を発表、従来予想の1兆8950億円から1兆8800億円に引き下げた。また、未定としていた中間期業績見通しを営業利益700億円、経常利益550億円と公表した。
 川内原子力発電所1号機の発電再開後の運転状況を確認した上で利益予想を知らせることとしていたが、同機が8月31日以降、定格熱出力一定運転を行っていることから、最近の需給動向などを踏まえ予想値を算出。
 また、前年度後半からの燃料価格の大幅な下落により燃料費が減少する一方、燃料費調整による電灯電力料への燃料価格下落の反映が期ずれすることで、経常黒字となる見通しとしている。
《MK》

株探ニュース

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均