市場ニュース

戻る
2015年09月03日09時04分

【市況】東京株式(寄り付き)=米国株急反発受け買い先行

 3日の東京株式市場は買い優勢でスタート、寄り付きの日経平均株価は前日比264円高の1万8359円と急反発。前日の欧米株市場が総じて下げ止まる展開で、米国株市場ではNYダウが300ドル近い上昇で4日ぶりに反発しており、これを受けて東京市場でも主力株中心にリスクオフの巻き戻しが入るかたちとなっている。前日の中国・上海株市場はスタート時に急落したものの引けにかけて戻り足となったことから、足もとの投資家の不安心理が後退している。きょうは上海株市場が休場で取引時間中は波乱要素に乏しいこともあって、戻りを試す展開が期待される。外国為替市場では1ドル=120円台半ばの推移と円安傾向にあることも主力輸出株中心に買い安心感を与える。寄り付き時点で業種別では33業種全面高で値上がり上位に鉱業、非鉄、保険、金属製品、電力ガス、その他金融など。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均