市場ニュース

戻る
2015年09月03日08時11分

【為替】今日の為替市場ポイント:ドル・円は120円50銭前後で推移か、国内株堅調ならば121円台に上昇も


2日のドル・円相場は、東京市場では119円22銭から120円46銭で推移。欧米市場でドルは119円70銭まで売られたが、120円36銭まで反発し、120円33銭で取引を終えた。

本日3日のドル・円は120円50銭前後で推移か。欧米株高を意識してリスク選好的な円売りが優勢となる見込み。国内株が強い動きを見せた場合、ドルは121円台に上昇する可能性がある。

2日に公表された米地区連銀経済報告に対する市場参加者の評価はまちまちとなっているようだ。成長とインフレについての見通しははっきりしていないため、一部では9月に利上げを行うことは不自然との声が聞かれている。

また、2日に発表された8月の米ADP雇用統計は前月比+19万人の増加にとどまり、市場予想の+20万人程度を下回った。4日に発表される8月雇用統計(非農業部門雇用者数)の改善は期待できないとの指摘もあり、9月利上げは難しいとの見方が増えている。利上げ開始時期の先送りがどのような結果を生むことになるのか、現時点では予測困難だが、一部の投資家から「米国経済の先行きに対する不安感が広がる可能性は否定できない」との声が聞かれている。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均