市場ニュース

戻る
2015年09月03日03時57分

【市況】NY原油:反発で46.25ドル、米株の上昇幅拡大にともない買い戻しへ


NY原油は反発(NYMEX原油10月限終値:46.25↑0.84)。43.21ドルまで下落した後、46.36ドルまで上昇した。この日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)で、国内全体の原油在庫が予想を大きく上回る増加だったことから、売りが一時強まった。「米上院、イラン合意案を支持する十分な票を獲得」との報道もみられた。


しかし、その後、米国株価指数の上昇幅拡大にともない原油の買い戻しが優勢になった。引け前に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、経済活動の拡大継続が指摘された。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均