市場ニュース

戻る
2015年09月01日13時34分

【材料】13時30分時点の日経平均は326円安、マザーズ指数は2.7%安とさえない動き

東電HD 【日足】
多機能チャートへ
東電HD 【日中足】


13時30分時点の日経平均は前日比326.14円安の18564.34円。下げ幅を縮小して後場スタートした後は、じりじりと下げ幅を縮め18600円近辺での推移となっている。上海総合指数が下げ幅を一気に縮小したことで、一段安への警戒感が後退した。一方、マザーズ指数は下げ幅を縮小しているものの、2.7%安と相対的にさえない動きとなっている。

全市場売買代金上位銘柄には、東電<9501>、トヨタ<7203>、メガバンク3行、ソフトバンクG<9984>、村田製<6981>、ソニー<6758>、東芝<6502>などがランクイン。東芝は前場引けにかけて下げ幅を縮めていたが、後場はじりじりと下げ幅を拡大している。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均