市場ニュース

戻る
2015年08月31日21時15分

【為替】欧州為替:ドル動意薄、米10年債利回りは低水準


欧州市場では株価が引き続きやや弱含む展開が続いている。様子見ムードが強まっており、ドル・円は動意が薄い。足元では121円30銭付近で横ばい推移となっている。米10銭債利回りが低水準で推移していることも、ドル・円に買いが入らない要因とみられる。


欧州市場で、ドル・円は121円10銭から121円36銭、ユーロ・円は135円84銭から136円04銭、ユーロ・ドルは1.1197ドルから1.1226ドルのレンジ内で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均