市場ニュース

戻る
2015年08月31日08時20分

【市況】マド下限レベルでの攻防/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 28日のNY市場はまちまち。7月の個人支出やミシガン大学景況感指数が予想を下振れたことで、売りが先行。29日まで開催される年次経済シンポジウムの行方を見極めたいとの思惑から売り買いが交錯する展開となった。ダウ平均は11.76ドル安の16643.01、ナスダックは15.62ポイント高の4828.33。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円安の19170円。
 底堅い相場展開が見込まれるが、先週は週半ば以降に1200円程度のリバウンドを見せていることもあり、短期筋の利食いも意識されやすいところ。ボリンジャーバンドでは-1σ水準まで戻してきており、異常値は修正された格好。一気にリバウンドが強まるというよりは、-1σと-2σとのレンジ推移か。一方で、8月24日に空けたマドが19155-19435円辺りに位置している。マド下限レベルでの攻防から、これを埋めに行く動きをみせてくるかが注目されるところ。一目均衡表では転換線、基準線が上値抵抗に。19050-19250円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 19250円-下限 19050円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均