市場ニュース

戻る
2015年08月28日23時15分

【市況】【市場反応】米8月ミシガン大消費者信頼感指数確報値、ドル底堅い


外為市場では予想外に悪化した消費者信頼感にもかかわらずドルは底堅い展開となった。ドル・円は120円90?95銭、ユーロ・ドルは1.1235?40ドルでそれぞれ推移した。

米国の8月ミシガン大消費者信頼感指数確報値は91.9と予想外に速報値の92.9から下方修正され、昨年11月以来の低水準となった。連邦公開市場委員会(FOMC)がインフレ期待指数として注視している同指数の1年期待インフレ率確報値は2.8%で速報値からかわらず7月と同水準を維持。5?10年期待インフレ率確報値は2.7%と、7月の2.8%から低下した。

【経済指標】
・米・8月ミシガン大消費者信頼感指数確報値:91.9(予想:93.0、速報値:92.9)
・米・8月ミシガン大学1年期待インフレ率確報値:2.8%(速報値:2.8%)
・米・8月ミシガン大学5-10年期待インフレ率確報値:2.7%(速報値:2.7%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均