市場ニュース

戻る
2015年08月28日16時17分

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に3日続伸、構成銘柄のうち222銘柄が値上がり


28日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり222銘柄、値下がり2銘柄、変わらず1銘柄となった。

日経平均は大幅に3日続伸。27日の海外市場では、上海株が大引けにかけて急伸したほか、米4-6月GDP改定値の市場予想上振れでNYダウが369ドル高となった。こうした流れを受けて、日経平均は334円高からスタートし、寄り付き後には19000円台を回復した。週末要因などからもみ合う場面も見られたが、上海総合指数が堅調に推移していることも好感され、日経平均は強含みの展開となった。後場には先物に断続的な買いが入り、一時19192.82円(前日比618.38円高)まで上昇する場面があった。

大引けの日経平均は前日比561.88円高の19136.32円となった。東証1部の売買高は29億5977万株、売買代金は3兆941億円だった。業種別では、非鉄金属や鉄鋼の上昇率が6%を超えたほか、鉱業、卸売業、石油・石炭製品は5%超の上昇となった。一方、下落したのは空運業のみだった。

値上がり寄与トップはファナック<6954>となり、日経平均を約41円押し上げた。後場も堅調に推移し、5.4%高で取引を終えた。中国関連銘柄では、アルプス<6770>も6.5%高と大きく上昇。同社については、一部証券会社の目標株価引き上げが観測されている。ドル・円が円安方向に振れたことから自動車株の上昇も目立ち、富士重<7270>やスズキ<7269>は5%超上昇した。日経平均構成銘柄のうち222銘柄がプラスとなる全面高の展開となった。

値下がりしたのは、ANA<9202>、NTTドコモ<9437>の2銘柄にとどまった。ANAは原油市況の上昇がマイナス材料となった。NTTドコモは前日に4%を超える上昇となっていた。


*15:00現在


日経平均株価  19136.32(+561.88)

値上がり銘柄数 222(寄与度+562.10)
値下がり銘柄数  2(寄与度-0.23)
変わらず銘柄数  1

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<6954> ファナック 20370 1050 +41.22
<9983> ファーストリテ 50830 540 +21.20
<9984> ソフトバンクG 7125 173 +20.37
<6971> 京セラ 6100 193 +15.15
<7267> ホンダ 3859 177 +13.90
<4523> エーザイ 8045 331 +12.99
<4324> 電通 6320 330 +12.95
<7203> トヨタ 7346 320 +12.56
<4901> 富士フイルム 4991.5 257
.5 +10.11
<6762> TDK 7680 250 +9.81
<6902> デンソー 5495 241 +9.46
<6770> アルプス 3870 235 +9.23
<7270> 富士重 4294 226
.5 +8.89
<7751> キヤノン 3773.5 147
.5 +8.69
<4063> 信越化 6792 207 +8.13
<7269> スズキ 4151.5 206 +8.09
<6988> 日東電 8354 203 +7.97
<8035> 東エレク 6477 191 +7.50
<9433> KDDI 3025 31 +7.30
<4543> テルモ 3340 85 +6.67

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9202> ANA 354.9 -4
.1 -0.16
<9437> NTTドコモ 2512.5 -16
.5 -0.06

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均