市場ニュース

戻る
2015年08月28日14時59分

【市況】上海総合指数の最終ターゲットは1400ポイント、時期は2016年6月ごろと

 中国株下落が世界中のマーケットに波及して、ドラスティックな急落となった。市場関係者は中国株はどこまで下げるのか?に関心が高まっている。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のテクニカル分析リポートでは、上海総合指数の最終ボトムは1400と明言している。現在の上海総合指数が3000ポイントの上下を推移しているうえ、日本株への影響度が大きいのにもかかわらず現在の水準から更に半分以下の1400ポイントでターゲットということで話題になった。
 リポートでは上海総合指数の弱気相場による下落波動が今年の6月高値5178ポイントから現在進行中、この下落の波動は1年以上続き最終ボトム(底値)は、2016年6月ごろ、1400ポイントと紹介している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均