市場ニュース

戻る
2015年08月28日12時44分

【市況】日経平均は447円高で後場スタート、鉱業、鉄鋼、非鉄金属など強い/後場の寄り付き概況


日経平均 : 19022.02 (+447.58)
TOPIX  : 1543.36 (+42.95)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を縮めて始まった。ランチタイムの225先物は19000-19040円辺りでのこう着が続いていた。昼のバスケットは買い越しとの観測。円相場は1ドル121円00-05銭辺りと、朝方からは若干円高に振れて推移している。

 セクターでは鉱業、鉄鋼、非鉄金属、石油石炭、卸売、輸送用機器、銀行、ゴム製品、機械、証券などが強い。一方で、原油高を受けて空運は利食い優勢。規模別指数は大型、中型、小型株指数ともに2ケタの上昇。

 指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、京セラ<6971>、ホンダ<7267>、トヨタ<7203>などがけん引。一方で、日本ハム<2282>、日清粉<2002>、NTTドコモ<9437>が小安い。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均