市場ニュース

戻る
2015年08月28日11時11分

【材料】ペガサスが3日続伸、「縫い外れ」を検知しやすくする装置を開発と報じられる

ペガサス 【日足】
多機能チャートへ
ペガサス 【日中足】

 ペガサスミシン製造<6262>が3日続伸。きょう付の日経産業新聞で、「業務用ミシンの『縫い外れ』を検知しやすくする装置を開発した」と報じられており、新製品の業績への寄与を期待した買いが入っている。記事によると、特殊なセンサーと反射板を採用し、布2枚のズレを検知することで、生地を縫うときの縫い外れを検知することで不良品を減らすという。ミシンによるかがり縫いでは、縫製の際に生地を2枚縫い合わせるため、下の生地が見えずに上下の生地でずれが生じることが多い。新開発の装置を利用することで、これを防ぎ、歩留まり改善が期待できることから、衣料品メーカーや加工現場などでの採用が期待されているようだ。

ペガサスの株価は11時10分現在467円(△20円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均