市場ニュース

戻る
2015年08月27日10時49分

【材料】バイオ関連が軒並み急動意、武田などゲノム創薬注力で商機思惑

カイオム 【日足】
多機能チャートへ
カイオム 【日中足】

 カイオム・バイオサイエンス<4583>、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>、セルシード<7776>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>、テラ<2191>などバイオ関連株が軒並み動意づいている。武田薬品工業<4502>など日米欧の医薬品メーカーが、ヒトの遺伝子情報であるゲノムを活用して医薬品を開発する「ゲノム創薬」プロジェクトに共同で取り組む方向が伝わっており、これがバイオベンチャーの株価を刺激している。武田薬は今年4月に山中伸弥教授率いる京都大学iPS細胞研究所と共同研究契約を締結し、今後10年間で320億円の研究支援を行うことを決めるなど、iPS細胞を使った創薬に本腰を入れる構えにある。新興市場のバイオ関連セクターも改めて商機が巡る可能性が出ている。

カイオムの株価は10時41分現在536円(△19円)
セルシードの株価は10時41分現在615円(△25円)
PSSの株価は10時41分現在735円(△46円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均