市場ニュース

戻る
2015年08月26日10時24分

【材料】アウトソーシング---欧州でOracle製品に特化したコンサルタントを提供する2社を子会社化

アウトソシン 【日足】
多機能チャートへ
アウトソシン 【日中足】


アウトソーシング<2427>は25日、NTRINSIC HOLDINGS LIMITED (以下、NHL )及びNTRINSIC CONSULTING RESOURCES LIMITED(以下、NCRL)の発行済株式の65%を取得し、子会社化することについて決議したと発表。

NHLとNCRLは、ヨーロッパにおいて、Oracle製品に特化した独立系・フリーランスのコンサルタントを提供している。英国とベルギーに拠点を構え、欧州18ヶ国において事業を展開しており、Oracleのゴールドパートナーとして、主に多国籍大企業のOracle製品に関する複雑な要求に対応している。一連のOracle製品に対する深い知識に定評があるという。

アウトソーシング<2427>は、生産アウトソーシング事業を主力としているが、重点戦略の一環としてIT事業と海外事業の拡大に取組んでいる。IT戦略の推進役として子会社の(株)アウトソーシングテクノロジーを主軸に、国内において積極的な採用投資やM&A戦略を推進し、ITセグメントを伸長させてきた。海外展開においても、アジアオフショア市場の衰退等トレンド変化を踏まえて、他地域への本格進出を目指してきた。

今回の株式取得により、アウトソーシンググループは、ロンドンと、ブリュッセルを拠点として、EUの金融システムITエンジニア市場に進出の体制が整い、今後のグローバル化がさらに加速していくことも期待される。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均