市場ニュース

戻る
2015年08月25日14時51分

【市況】瑞声科技が急騰、野村の投資判断「買い」格上げなどで


25日の香港マーケットでは、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロ
ジー:2018/HK)が急伸。前日比7.41%高の41.30香港ドルで前場の取引を終了した。
大手ブローカーの強気見通しをなどを好感。野村は最新リポートで、瑞声科技HD
の投資判断を「中立」→「買い」に引き上げた。目標株価は47.70→47.10香港ドル(↓1.3%)にやや下方修正したものの、現値をなお上回る水準に設定している。中間期の業績を前向きに評価。国内メーカー向けの部品供給が増えると予測されるなか、今後も売上高、粗利益率ともに一段の上昇が期待できると指摘した。
株価の値ごろ感にも言及。現在株価のPERは11~12倍の水準にとどまると試算して
いる。瑞声科技が24日発表した15年6月中間期の業績は、売上高が前年同期比26.7%
増の47億678万人民元、純利益が27.1%増の12億4560万人民元(EPS:1.0143人民元)
と堅調な結果だった。1株当たり0.25香港ドルの中間配当を実施する方針。
主要顧客企業の強気見通しも追い風。米アップルのティム・クック最高経営責任
者(CEO)が、「中国事業は7月と8月も高成長が続いた」として、四半期業績に強気
の見方を示した。瑞声科技はアップル向けに、「iPhone」や「iPad」のスピーカー部
品を供給している。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均