市場ニュース

戻る
2015年08月25日06時51分

【為替】NY為替:ドル・円は118円42銭、世界同時株安を懸念、リスク回避加速


24日のニューヨーク外為市場で ドル・円は、120円10銭から116円15銭まで下落して118円42銭で引けた。ダウ平均株価が一時1000ドル安となるなど世界経済の減速懸念を受けた世界同時株安、6年半ぶりの安値を更新した原油安で、リスク回避の円買いが強まった。一方、米早期利上げ観測の後退でドル売りが加速した。その後、危機対応でアジア諸国の協調行動の思惑にリスク回避の動きが後退した。


ユーロ・ドルは、1.1493ドルから1.1715ドルまで上昇して1.1619ドルで引けた。円と同様、キャリートレード手仕舞いにユーロの買い戻しが強まった。ユーロ・円は、138円55銭から136円00銭へ下落した。


ポンド・ドルは、1.5803ドルまで上昇後、1.5723ドルまで下落。ドル・スイスは、0.9260フランまで下落後、0.9393フランへ上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均