市場ニュース

戻る
2015年08月22日02時58分

【市況】NY金:続伸で1159.60ドル、世界株安拡大で安全志向の買い継続


NY金は続伸(COMEX金12月限終値:1159.60↑6.40)。1148.80ドルまで下落した後、1161.30ドルまで上昇した。この日発表の中国の8月財新製造業PMI速報値が一段と低下したことを受けて、経済の減速懸念から世界的に株安が拡大する状況に、安全資産としての金の買いが継続した。米連邦準備理事会(FRB)の9月利上げ観測後退によるドル安進行も、押し上げ材料になった。


ただ、そうしたなか、中国の需要減退の思惑から商品相場が下落しており、それが下押し圧力になること。また、他市場での損失を穴埋めするために、益出しの売り圧力もみられることが、金の一時的な下げにつながった可能性があるもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均