市場ニュース

戻る
2015年08月20日13時47分

【為替】東京為替:ドル横ばい、日経平均の弱含みで買い続かず


ドル・円は123円90銭台での推移が続いている。


ドル・円は123円台では国内勢の断続的なドル買いが観測されている。ただ、上海総合指数が前日終値を下回っているほか、日経平均株価が後場寄り後に切り返したものの弱含んでおり、ドル買いが続いていないもようだ。


ここまでは、ドル・円は123円79銭から123円99銭、ユーロ・円は137円65銭から138円12銭、ユーロ・ドルは、1.1115ドルから1.1148ドルで推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均