市場ニュース

戻る
2015年08月20日13時01分

【市況】13時時点の日経平均は前日比29円安、日経平均は一時切り返すもTOPIXはマイナス圏


13時時点の日経平均は前日比29.87円安の20192.76円で推移している。ランチタイムの225先物に買戻しと思われる買いが入り、日経平均は後場切り返す場面が見られた。12時37分に20246.47円をつけた後は20200円レベルでもみ合っている。ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>の2銘柄がそろって上昇。ただ、TOPIXは切り返す前に失速している。

業種別では、情報・通信、陸運、不動産、繊維などがしっかり。一方、保険、鉱業、ゴム製品、石油・石炭、鉄鋼、銀行、輸送用機器などが弱い。規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに下げ幅を縮めている。売買代金上位銘柄では、三井不動<8801>、三菱地所<8802>が後場もしっかりとした推移。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均