市場ニュース

戻る
2015年08月20日11時14分

【材料】村田製、スマートフォンLTE通信の市場拡大で恩恵を享受する銘柄

村田製 【日足】
多機能チャートへ
村田製 【日中足】

 中国株下落を嫌気して村田製作所<6981>など値がさ株の続落が目立っている。スマートフォン向け電子部品では、TDK<6762>が上昇しているが、アルプス電気<6770>も売られている。
 市場では、株価が調整しているものの、相場の回復時には業績メンタルの良い村田製が再び買われるという期待感が強い。バークレイズ証券が、村田製作所のレーティング「オーバーウェイト」を継続し、目標株価を23100円から23000円に引き下げたアナリストレポートをリリースしたことが伝わっている。
 同証券では中国でLTE端末の比率が上昇しており、村田製などのスマートフォン向け電子部品が今後も成長余地が残されていると指摘している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均