市場ニュース

戻る
2015年08月20日10時00分

【材料】<前場の注目銘柄>=大黒天、節約志向で注目度高まる

大黒天 【日足】
多機能チャートへ
大黒天 【日中足】

 大黒天物産<2791>が4月10日につけた年初来高値5460円更新に向けて動き出した。

 同社は岡山県を地盤に西日本で食品中心のディスカウントストア「ディオ」「ラ・ムー」などを7月末で111店舗展開。消費増税以降、消費者の低価格志向が強まったことがディスカンウント販売に徹する同社の追い風となっており、既存店売上高は駆け込み需要の反動があった3月を除き順調に推移している。

 今16年5月期は創業30周年を迎えることから、期後半は既存店売上高10%増(計画前提は年2%減)が目標。5月稼働の中国物流RMセンターの貢献もあり、営業利益予想の54億8500万円(前期比4%増)は上振れの公算大。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均