市場ニュース

戻る
2015年08月20日09時12分

【材料】ソフトバンクが大幅高、アローラ副社長が個人資金で600億円の自社株買い

ソフトバンク 【日足】
多機能チャートへ
ソフトバンク 【日中足】

 ソフトバンクグループ<9984>が大幅高。同社は19日、ニケシュ・アローラ副社長が、個人で約600億円を投じ同社株を取得すると発表した。半年ほどの期間をかけて市場から複数回に分けて買う方針で、時価総額換算で発行済み株式数の約0.67%程度となる。アローラ氏は元グーグルの最高幹部で孫正義社長から後継者に指名されている。今回の個人資金による自社株取得で大株主となることは、リスクを背負うとともに同社の将来性に対する自信と捉えることもでき、株価にはプラス材料として働く。

ソフトバンクの株価は9時9分現在7765円(△288円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均