市場ニュース

戻る
2015年08月19日16時42分

【材料】第一三共---大幅反落、米系証券では投資判断を格下げへ

第一三共 【日足】
多機能チャートへ
第一三共 【日中足】


第一三共<4568>は大幅反落。モルガン・スタンレーでは投資判断を「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に格下げしている。目標株価は2000円を継続のようだ。好調な第1四半期決算や500億円の自社株取得などで、株価は4月末以降セクター平均を大きく上回るパフォーマンスとなっている。ただ、今期の一過性の業績上積みの反動から、来期のパテントクリフの落差は更に深まったと指摘。8月末以降の株価調整は不可避と考えているもよう。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均