市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は先物主導で下げ幅拡大、積極的な押し目買いは限定的


10時12分現在の日経平均株価は、15393.00円(前日比-302.89円)で推移。低調な中国の1月HSBC製造業PMI速報を受けた欧米株式市場の下落に加え、リスク回避の円買いによる円高進行を背景に日経平均は200円超の下落からスタート。寄り付き後の日経平均は日中安値圏で下げ渋っていたものの、先物への大口売りを受けて下げ幅を広げる展開。中国の成長鈍化懸念やシャドーバンキング問題が懸念されているほか、週末要因や本格化する企業決算を見極めたいとのムードから積極的な押し目買いは限定的になっている。

個別では、ソフトバンク<9984>が3%超の下落になっているほか、ファナック<6954>やファーストリテ<9983>、メガバンクもさえない。そのなかで、第一工業<4461>などセルロースナノファイバー関連のほか、省電舎<1711>、FESCO<9514>など省エネ支援関連に短期資金が向かっている。

セクター別では空運のみ上昇するなか、保険、情報・通信、その他金融、不動産、電気機器などが下落。値上がり率上位には、第一工業<4461>、エイチーム<3662>、スクエニHD<9684>、日東電<6988>、サムコ<6387>などがランクイン。値下がり率上位には、小松ウオール<7949>、安川電<6506>、キッツ<6498>、スタートトゥ<3092>、ニチレキ<5011>などがランクイン。出来高上位には、みずほ<8411>、第一工業<4461>、シャープ<6753>、神戸鋼<5406>、三菱UFJ<8306>などがランクインしている。

《KO》

 提供:フィスコ


日経平均