市場ニュース

戻る

【決算】富士通コン、上期最終を赤字縮小に上方修正、通期も増額

富士通コン 【日足】
多機能チャートへ
富士通コン 【日中足】
 富士通コンポーネント <6719> [東証2] が7月26日後場(13:30)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結最終損益は2億4300万円の赤字(前年同期は1億2300万円の黒字)に転落した。
 しかしながら、併せて4-9月期(上期)の同損益を従来予想の1億3000万円の赤字→3000万円の赤字(前年同期は2億9500万円の黒字)に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなった。
 上期赤字縮小に伴い、通期の同利益を従来予想の3億5000万円→4億5000万円(前期は2億円)に28.6%上方修正し、増益率が75.0%増→2.3倍に拡大する見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の2.3%→-1.6%に大幅悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 平成30年6月21日に、当社の連結子会社の一部が加入する富士通企業年金基金の一部制度を改訂し、当該制度に加入する現役従業員を対象に、勤続年数を含めた会社への貢献度を反映したポイント制を導入するとともに、リスク分担型企業年金(我が国における退職給付企業年金法(平成13年法律第50号)に基づいて実施される企業年金のうち、確定企業年金法施行規則(平成14年厚生労»続く
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均