市場ニュース

戻る
2016年07月27日15時30分

【決算】沖電線、上期経常を20%下方修正

沖電線 【日足】
多機能チャートへ
沖電線 【日中足】

 沖電線 <5815> が7月27日大引け後(15:30)に決算を発表。17年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比57.3%減の1億円に大きく落ち込んだ。
 併せて、4-9月期(上期)の同利益を従来予想の2.5億円→2億円(前年同期は4.1億円)に20.0%下方修正し、減益率が40.2%減→52.2%減に拡大する見通しとなった。
 なお、通期の経常利益は従来予想の6.4億円(前期は6.2億円)を据え置いた。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の7.2%→5.0%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 第1四半期での急激な円高の進行により売上高の減少が見込まれるため、売上高を修正いたします。経常利益、親会社株主に帰属する純利益については、為替差損の発生が見込まれるため修正いたします。業績予想の前提条件として第2四半期につきましては、銅の建値は53万/トン(前回予想59万/トン)、亜鉛の建値は26.5万/トン(前回予想25万/トン)、為替レートは1米ドル1»続く

【関連記事・情報】

日経平均