市場ニュース

戻る
2016年06月17日12時30分

【決算】エスクロAJ、上期経常を2.1倍上方修正、通期も増額

エスクロAJ 【日足】
多機能チャートへ
エスクロAJ 【日中足】

 エスクロー・エージェントジャパン <6093> [東証2] が6月17日昼(12:30)に業績修正を発表。17年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想の1億円→2.3億円(前年同期は2.6億円)に2.1倍上方修正し、減益率が58.6%減→12.5%減に縮小する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の4億円→5.3億円(前期は4億円)に30.2%上方修正し、増益率が1.0%増→31.5%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社グループの業績に影響を及ぼす住宅ローン市場においては、低金利相場を背景とした借換需要の活況が継続しておりましたが、政府政策によるマイナス金利の導入により一層の金利競争が激化することとなり、ローン借換件数の著しい増加がみられました。 このような状況の中、当社グループにおいては、取引先金融機関における取扱件数が著しく増加したことから、当社への委託件数が増»続く

日経平均