市場ニュース

戻る
2016年06月13日15時30分

【決算】神戸物産、今期経常を一転28%減益に下方修正

神戸物産 【日足】
多機能チャートへ
神戸物産 【日中足】

 神戸物産 <3038> が6月13日大引け後(15:30)に決算を発表。16年10月期第2四半期累計(15年11月-16年4月)の連結経常利益は前年同期比39.3%減の28.6億円に落ち込み、従来予想の46億円を下回って着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の91億円→61億円(前期は84.7億円)に33.0%下方修正し、一転して28.0%減益見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した5-10月期(下期)の連結経常利益は前年同期比13.1%減の32.3億円に減る計算になる。

 直近3ヵ月の実績である2-4月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比75.4%減の4.3億円に大きく落ち込んだが、売上営業利益率は前年同期の2.7%→4.4%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社の主力事業であります業務スーパー事業につきましては、老朽化した店舗のスクラップ&ビルドを積極的に行い、さらには新規出店が順調に推移したことから、2015年10月末から17店舗増加し730店舗となりました。また、売上高につきましては、消費増税後に講じた施策により客数が増加し、海外直輸入商品やオリジナル商品の開発により客単価も増加したことで、商品出荷実績»続く

【関連記事・情報】

日経平均