市場ニュース

戻る
2016年03月18日12時00分

【決算】日本取引所グループ、今期税引き前を16%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も7円増額

日本取引所 【日足】
多機能チャートへ
日本取引所 【日中足】

 日本取引所 <8697> が3月18日昼(12:00)に業績・配当修正(国際会計基準=IFRS)を発表。16年3月期の連結税引き前利益を従来予想の580億円→675億円(前期は548億円)に16.4%上方修正し、増益率が5.7%増→23.0%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益も従来予想の217億円→312億円(前年同期は295億円)に43.7%増額し、一転して5.7%増益計算になる。

 業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の63円→70円(前期は1→2の株式分割前で50円)に増額修正した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  2015年9月24日に開示しました「業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせ」(以下、「前回開示資料」といいます。)に記載した連結業績予想数値の前提となる通期の1日平均の売買代金・取引高について、最近の市況動向を踏まえ、株券等(※)を3.4 兆円(前回開示資料比4,000 億円増)、長期国債先物取引を35,000 単位(同4,000 単位減)、TOPI»続く

日経平均