市場ニュース

戻る
2016年02月08日15時30分

【決算】ジオスター、今期経常を24%上方修正、未定だった配当は4円増配

ジオスター 【日足】
多機能チャートへ
ジオスター 【日中足】

 ジオスター <5282> [東証2] が2月8日大引け後(15:30)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は2億円の黒字(前年同期は5.9億円の赤字)に浮上して着地した。
 併せて、通期の同損益を従来予想の5.9億円の黒字→7.3億円の黒字(前期は2.7億円の赤字)に23.7%上方修正した。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の8.2億円→9.6億円(前年同期は1.8億円)に17.0%増額し、増益率が4.5倍→5.2倍に拡大する計算になる。

 業績好調に伴い、従来未定としていた期末一括配当は5円(前期は1円)実施する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常損益は4.3億円の黒字(前年同期は1.2億円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-2.9%→6.3%に急改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 連結売上高は、防潮堤製品及びその他土木案件の翌期へのずれ込みや海外子会社の受注済セグメント案件の工事遅れ等により、260億円(対前回予想16.1%減)となる見通しです。(個別売上高は、対前期実績41.4%増の205億円の見込み)営業利益、経常利益につきましては、大型投資案件の生産立ち上げが順調であったことに加え、原材料コストの低減、その他様々な原価低減施策»続く

【関連記事・情報】

日経平均