市場ニュース

戻る
2016年02月05日15時00分

【決算】博報堂DY、今期経常を9%上方修正・最高益予想を上乗せ

博報堂DY 【日足】
多機能チャートへ
博報堂DY 【日中足】

 博報堂DY <2433> が2月5日大引け後(15:00)に決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比17.6%増の329億円に伸びた。
 併せて、通期の同利益を従来予想の403億円→439億円(前期は389億円)に8.9%上方修正し、増益率が3.6%増→12.8%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の225億円→261億円(前年同期は221億円)に16.0%増額し、増益率が1.9%増→18.1%増に拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比35.2%増の151億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.6%→4.5%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 第3四半期実績及び足もとの状況を踏まえ、通期の連結業績見通しの見直しを行いました。その結果、例年同様、3月の動向に不透明感はあるものの、好調な第3四半期の実績に加え、第4四半期も堅調に推移すると思われることから、通期の売上高ならびに各利益見通しを上方修正しております。売上高については、上期実績が期初の見通しを下回ったものの、第3四半期において大幅に前年同期»続く

【関連記事・情報】

日経平均