市場ニュース

戻る
2015年11月06日13時20分

【決算】萩原電気、今期経常を一転3%増益に上方修正・最高益、配当も10円増額

萩原電気 【日足】
多機能チャートへ
萩原電気 【日中足】

 萩原電気 <7467> が11月6日後場(13:20)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比5.4%増の13.7億円に伸び、従来の6.2%減益予想から一転して増益で着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の28.3億円→29.5億円(前期は28.6億円)に4.2%上方修正し、一転して2.8%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比0.7%増の15.8億円とほぼ横ばいの見通しとなった。

 業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の60円→70円(前期は60円)に増額修正した。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比10.6%減の8億円に減り、売上営業利益率は前年同期の3.9%→3.6%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社は、株主に対する利益還元を経営の重要政策の一つとして位置付けており、連結配当性向25~30%及び連結純資産配当率を勘案し、安定配当をベースに業績に応じた利益配当を行うことを基本方針としておりますが、このたび、より一層の株主の皆様への利益還元を図るため、連結配当性向30%を目途とすることといたしました。 つきましては、平成28年3月期の中間配当及び期末»続く

【関連記事・情報】

日経平均